HOME水素水TOP > 水素水の商品を比較してみました

水素水の商品を比較してみました 水素水のメロディアンハーモニーファイン

比較 どれがいいの?比較してみました!

アルミボトル、水素サーバー、スティックタイプ、ペットボトルや天然水素など、 通販だけでも水素水にはいろいろな種類がありますが、どれを選べばよいのでしょう?
まずは、水素がどのくらい水の中に入っているかがいちばん重要なポイントです。

水素の摂取量で比較すると?

アルミパウチ採用の「水素たっぷりのおいしい水」は、製造時から賞味期限内、高い濃度を維持!

水素水を選ぶときに重要なのは溶存水素濃度。水素は最小の分子なので、ガラス瓶やペットボトルでは簡単に通りぬけてしまいます。
アルミの容器は水素を逃がしにくいです!!

 

  • 水素サーバーなら

    コップに注いだ瞬間から水素は減り続ける

  • アルミボトルなら

    アルミボトルの水素水は濃度が低いものが多い。

  • スティックタイプなら

    生成する容器によっては水素量が左右される

  • ペットボトルなら

    水素分子はPET分子より小さいため簡単に抜けてしまう

  • 天然水素なら

    どんな容器に入って販売されているかに注意しましょう


水素の濃度は?
水素水の濃度

「水素たっぷりのおいしい水」は、
高い濃度を実現!

水素水300mlを飲むとたくさんの水素が摂取できます。

酸化還元電位はマイナス650mV以上です。
  • 水素サーバーなら

    0.3ppmの低濃度水素水が生成できるものも

  • アルミボトルなら

    商品によっては0.5ppm以上を計測できる濃度のものも

  • スティックタイプなら

    1?の水に1本入れた場合、0.84ppmの水素水を生成

  • ペットボトルなら

    外に抜け出てしまい、飲用時には水素はほとんど検出なし

  • 天然水素なら

    本当に水素分子が入っているか注意しましょう


おいしさで比較すると?
おいしい天然水でつくりました!

「水素たっぷりのおいしい水」は、
おいしい天然水だけでできています。

ミネラルの多く含んだ天然水だけを使用しています。名水百選に選ばれた山口県寂地川を源流とする錦川水系の天然水に水素を独自の技術でとかしこみ、水素が逃げにくいアルミパウチに詰めました。

  • 水素サーバーなら

    アルカリ性の水で薬との飲み合わせに注意

  • アルミボトルなら

    天然水等、
    こだわりの水使用が多い

  • スティックタイプなら

    使用する水によって味がかわる

  • ペットボトルなら

    天然水等、
    こだわりの水使用が多い

  • 天然水素なら

    天然水独自の
    味わい


手軽さで比較すると?
お出かけに! オフィスで! スポーツに 水分不足を感じた時に

「水素たっぷりのおいしい水」は、
おいしい天然水だけでできています。

300mlのアルミパウチタイプだから、持ち歩きもラクラク。開封しやすく安全なキャップ仕様で、お出かけ先でもオフィスでも、場所を選ばず手軽に飲むことができます!

  • 水素サーバーなら

    容器に移し移動している間に水素は逃げてしまう

  • アルミボトルなら

    開封時に大きなキャップ口から水素は逃げてしまう

  • スティックタイプなら

    容器に移し移動している間に水素は逃げてしまう

  • ペットボトルなら

    ペットボトル内に水素を維持することはむずかしい

  • 天然水素なら

    どんな容器に入って販売されているかに注意しましょう


続けやすさで比較すると?
リーズナブルだから続けやすい!

「水素たっぷりのおいしい水」は、
飲みやすいサイズ!
しかも、リーズナブル!

継続することが大切。

300ml飲み切りサイズで飲みやすい。
1本238円とリーズナブルだから家計に負担をかけません!


  • 水素サーバーなら

    1台数十万円。
    ただし好きなときに好きなだけ生成できますが、定期的にフィルター交換も必要

  • アルミボトルなら

    1本(300ml)
    約300円前後

  • スティックタイプなら

    1本約4,500円。
    1日2?で約6ヵ月使用可能

  • ペットボトルなら

    1本(500ml)
    約500円前後

  • 天然水素なら

    1本(500ml)
    約500円前後