HOME水素水TOP > 濃度 > 日本初の大発明!

日本初の大発明! 水素水のメロディアンハーモニーファイン

日本初の大発明!|メロディアン 水素水 水素たっぷりのおいしい水

日本初の個食タイプのコーヒーフレッシュを発売

メロディアン株式会社は昭和33年、大阪府八尾市に大阪府で37番目最後発の牛乳会社として創業させて頂きました。 昭和52年には日本で初めてポーションタイプのコーヒーフレッシュを発売し、それ以降「メロディアンミニ」で お馴染みのコーヒーフレッシュのトップメーカーとしてこれまで歩んで参りました。
コーヒーを飲むときに、 今は当たり前に使われているポーションタイプのコーヒーフレッシュは、メロディアン株式会社が、 日本で初めて個食タイプのコーヒーフレッシュを作り、日持ちのよさや、手軽さが受けて大ヒットをいたしました。
この個食タイプの出現により、日本におけるコーヒー文化が大きく変わるきっかけにもなったといえるかもしれません。 お陰さまで、今ではコーヒーフレッシュの年間生産数は、トップクラスの生産数となっています。
また、コーヒーフレッシュ以外にも「おいしさはしあわせ」、「美と健康」をテーマにロングライフ商品を 中心とした様々な商品展開を実施しています。

開発秘話「飛び散りをなくす」

開発秘話「飛び散りをなくす」 当初、メロディアン・ミニはテトラパック容器で発売しましたが、容量が10mlで1回分の量としては多かったことから、 ヨーロッパで普及しつつあった ポーションに目をつけました。ドイツ製の機械設備を導入し、1人用のポーションタイプの コーヒーフレッシュは発売と同時に大ヒットしました。
しかし、発売当初のポーションタイプでは、開封時に中身が飛び散るという難点もあり、その課題克服を目指して、 飛び散りを防ぐオリジナルのスプリングボトム容器の開発が始まり、開発したスプリングボトム容器は、 容器の底部を押し上げながらフタをすることで、容器内の気圧を低くし、開封時に、中身が飛び散らないように改良いたしました。
開発が難航したのは、小さな容器であるため、単純に底部を押し上げるだけではうまくいかず、フタをするタイミングと 底部を押し上げるタイミングの調整や、容器底部の強度・形状の工夫など、長期間かけて試行錯誤を重ねた末に完成しました。 1992年にはその特許も取得しています。また、メロディアン・ミニは容器が遮光性シートで作られており、 紫外線などによる劣化を防いでいるため、本来の風味を損なうことなく、長期間の保存が可能になっています。 これは市場での評価も高くシェアの高さの要因。
この遮光性シートはシートメーカーとの共同開発によるもので、 「安全・安心」をお客様に届けたいという考えのもとで、品質を重視して採用しております。

はじめての方限定

お試し7本セット
ご購入はこちら