HOME水素水TOP > 濃度 > 水素水の選び方

続けることが大切です 水素水のメロディアンハーモニーファイン

水素水の選び方|メロディアン 水素水 水素たっぷりのおいしい水

重要なのは「水素濃度」

水素水に含まれる水素濃度については、その数値や記載方法が定義されておらず、さまざまな水素濃度の水素水が販売されております。
中には水素濃度を表示していないものや、製造時や充填時水素濃度と言う製造直後の一番高い濃度値を記載している所もあるようですが、商品を選ぶときには製造時で無く、 賞味期限内の濃度が表示されているもので、濃度の高い商品を選ぶことをオススメします。

賞味期限内の水素濃度が1.6ppmに近い商品を選ぶ

水素は高い圧力をかけることで水の中にたくさん溶けます事ができ、2ppm程度の非常に濃度の高い水素水を製造することも可能です。 しかし、製造時に高圧をかけた高濃度の水素水であっても、圧力をかけた直後でない限り、時間の経過とともに飲み口等から水素は抜けて 常気圧の状態に戻ってしまい限界値である1.6ppmの濃度まで下がってしまいます。

更に、製造時や充填時に1.6ppm以上の高濃度水素水であっても、殺菌や流通する過程で、高い温度が掛かると更に水素は抜けてしまいます。 実際に、お飲みになるタイミングの目安の水素濃度はメーカーに問い合わせしてみるか、 市販の水素濃度判定試薬で確認して見てて下さい。

製造時だけの濃度だけでなく、飲む直前の濃度を考えて、水素水を選んでください。
メロディアンの水素水は、賞味期限内の溶存水素濃度が1.2~1.6ppm(23℃保管時)となります。

はじめての方限定

お試し7本セット

お試し7本セット

300ml × 7本
通常価格 1,965円(税込)

特別価格 907円(税込)

 

ご購入はこちら

お得な毎月2箱定期モニターコース

お得な毎月2箱定期モニターコース

毎月2箱定期モニター

300ml × 20本 × 2箱
通常価格 11,232円(税込)

特別価格 7,344円(税込)

2回目以降8,640円(税込)

ご購入はこちら