HOME水素水TOP > おいしさの秘密 > 水素水とは?

水素水とは? 水素水のメロディアンハーモニーファイン

水素水とは?|メロディアン 水素水 水素たっぷりのおいしい水

「水素水」とは水素分子(水素ガス)が高い濃度で溶けている水のことを言います。ただ、水素は、地球で一番小さい分子ですので、 目に見えるものではなく、無味無臭ですので口あたりは製品にもよりますが、飲んだ感覚としても水素を実感する事は難しいというのも事実です。
もう少し詳しく説明いたしますと、水は「水素(H2)」と「酸素(O)」がくっついてる状態で、化学式では「H2O(エイチツーオー)」で表します。 すでに水には水素があるのですが、水素水はさらに水素(H2)を豊富に含ませた水です。

水(H2O)にある一定以上の水素(H2)が含まれたものを指しています。水素濃度を示す単位には「ppm(※)」が使われており、“水素水”と名の付く商品には、 このppmで水素含有率を記載しているものがほとんどです。

水素は厚生労働省が認可している食品添加物ですので、安全かつ安心です。


※ppm(ピーピーエム)とは、parts per millionの略。100万分のいくらかという割合を示す単位で1ppm=0.0001%を表す。

水素分子と活性水素の違い

水素水の効果については、インターネットや販売サイトを見るとさまざまな解説がされています。 その中でも効果を表すポイントで水素ガス(H2)がごく少量しか入ってない商品や、「活性水素」や「水素ラジカル」「プラズマ水素」など、 さまざまな水素水と似たような呼び名の商品が出てきています。しかし、これらは水素(H)自体が持つ効果ではなく、学術的に認められたものではない商品が出回っております。
「活性水素」や「水素ラジカル」「プラズマ水素」とは、水素原子(H・およびH-)が含まれると謳っている水です。 水素分子(水素ガス)は安定な物質ですが、水素原子は不安定な物質である為に極めて特殊な条件下でしか存在せず、測定することも出来ないためニセ科学と言われております。